目の下のたるみを治療しよう|自信のある目元を取り戻す

レディー

顔にハリを取り戻す方法

女の人

老化以外にも原因がある

目の下のたるみは老化現象の表れですが、それ以外にもたるみが出やすい原因があります。その1つが体質です。人によって目の周りの脂肪の量は違います。特に寒い地方に暮らす人には脂肪の量が多いのです。日本人に目の下のたるみが多いのは、ルーツが寒い地方からやってきた民族だからです。目の下の皮膚というのは薄いので、脂肪の量が多いとたるみやすいのです。まばたきが原因で目の下のたるみができることもあります。まばたきをする時は眼輪筋という筋肉を使うのですが、パソコンを眺める仕事の人などはまばたきが少ないので眼輪筋が衰えてしまうのです。その結果、たるみが生じるのです。老化現象による目の下のたるみが主に治療の対象となっていますが、これからはその他の要因で生じるたるみについても研究が進んで治療が簡単になっていきます。

コラーゲンを増やす手術

目の下のたるみを治療するには自分でマッサージをするなどの方法がありますが、すでにできてしまった症状に対してはあまり効果は認められないのです。マッサージはどちらかというと予防効果があります。美容整形クリニックで治療を受ける場合、ふくらみを取る治療と、へこみを埋める治療があります。ふくらみを取る治療は皮膚の下の脂肪を除去します。へこみを埋める治療はヒアルロン酸などを注入して盛り上げます。どちらを選ぶかは症状によって決まります。最も人気なのがコラーゲンを増やす成分を注入して、へこみ部分のコラーゲン繊維を増やす方法です。腫れもなくシコリもできず、ダウンタイムがないので人気があります。また長期的に効果が持続するというのが最大のメリットです。