目の下のたるみを治療しよう|自信のある目元を取り戻す

レディー

年齢と共に現れる別の顔

レディー

スキンケアだけでは難しい

目の下のたるみ。一気に加速することが多く、小皺を気にしていたころがむしろ懐かしい。マッサージや指圧、美容ローラーなどではどうにもならないのが、この目の下のたるみ。輪郭などとは違う、非常にデリケートな場所のため、下手にいじるとよけいにたるんでしまうからです。ヒアルロン酸注入なども悪くはないのですが、たるみが目立っているのは脂肪が前に押し出されて重みに耐えかねているからで、やはり目の下の皮膚をを一部切除し、縫いあわせる治療の方がはっきりとした効果が望めます。最近では、レーザーで脂肪を焼き、メスを一切使わない治療もあり、それだとダウンタイムが非常に短いので、大変人気があります。目の下がぼこっと膨らんだたるみの場合には、この治療はとても効果があります。

単に縫い縮めるだけでなく

また、目の下にメスを入れて縫い縮めると言っても本当に様々な治療法があり、脂肪を全部とってしまうものから、組織を平らにならして膨らみを抑えるもの、PRPなどの注入と併用しながら施術するものまで多岐に渡っています。目の下は非常にデリケートな部位ですから、その人の体質やたるみの種類に応じて個別に対応していくわけです。そういった意味でも、医者選びはとても大事ですし、カウンセリングの際にはこちらもいろいろ勉強し、わからないことは何でも質問した方が良いです。比較的ポピュラーな手術ですので、ネットなどでダウンタイムの様子もわかることが多いですし、医者にとってもそう難しい手術ではないので、そういう意味では思いきってやってしまった方が、早く悩みから解放されることでしょう。